出産祝いの相場ってどれぐらい? 兄弟・姉妹・甥・姪・同僚・部下の場合

出産祝いの相場ってどれぐらい?

 

出産祝いってどれぐらいの金額が妥当なんでしょうか?

 

社会人になると、友人や親戚だけでなく、会社の同僚や部下などとの付き合いが増えますから、結婚や出産といったことも多くなりますよね。

 

ほとんどの場合、お祝いを贈ることになると思います。

 

そこで悩むのが、お祝いってどれぐらいの金額を贈ればいいの?ってところだと思います。実際に私も悩みました。

 

当然ですが、相手との間柄によって金額の相場は違うようです。

 

そこで今回は、出産祝いの相場について調べてみましたので、ご紹介したいと思います。

 

ただ、友人や同僚でも親密度は違うでしょうし、今後の付き合いや関係性にもよると思いますので、あくまでも参考として考えてくださいね。

 

身内・兄弟の出産祝いの相場

 

兄弟や姉妹など、家族に子供が生まれた場合の出産祝いの相場はいくらぐらいがいいのでしょうか?

 

一般的には、現金であれば1~3万円ぐらいが多いようです。

 

兄弟・姉妹ならもっとお祝いしてあげたい!って思うかも知れませんね。

でも、多すぎるのもかえって相手に気を使わせてしまうことにもなります。

 

それに、渡しすぎると、今度相手があなたにお祝いする立場になったときに、負担が大きくなる場合も考えられます。

 

その辺のことも考慮した金額にしておくほうが良いでしょう。

 

 

それでも、「兄弟の子供、とても近い関係なんだからもっとお祝いをしてあげたい!」と考えるなら、一緒にプレゼントを贈るのがベストです。

 

プレゼントで喜ばれるものは、日常的に良く使用するものがいいですね。

 

おむつなどの消耗品はあればとても助かりますし、スタイも1日に何度も付け替えるものなので良いと思いますよ。

 

スタイも日常的に使うものと、お出かけ用にちょっとおしゃれな感じのものを分けてあげると喜ばれます。

 

洋服などは趣味がありますから、避けておく方が無難です。
せっかくプレゼントしても着てくれないと寂しいですしね。

 

身に付けるものをあげるとすれば、ソックスや帽子といった小物程度なら大丈夫だと思います。

 

後は、お出かけ用のブランケットやタオルケットなどもおすすめです。

 

兄弟・姉妹だと欲しい物を聞きやすいと思いますから、あらかじめリクエストしてもらうといいですよ。

 

とにかく、兄弟・姉妹だからといっても、気を使わせずに喜んでもらえるお祝いをしてあげましょう。

 

姪・甥の出産祝いの相場は?

 

では、姪や甥に子供が産まれた場合の出産祝いの相場は、いくらぐらいでしょうか。

 

姪や甥の場合は、親しさの度合いによっても異なってきます。

 

頻繁に会う程に親しければ、1万円~3万円が相場のようです。

 

赤ちゃんが生まれると、おむつなどの消耗品に結構お金がかかりますから、お金でもらえると助かると思います。

 

現金はちょっと・・・と思われる方は、ギフト券にされると良いですよ。

 

おむつなどの消耗品にも使えて、自分ではちょっと買わないなって思うような高めの洋服を買うのにも使えます。

 

いいなって思っても、高めの洋服ってなかなか手が出ないですからね。

 

洋服などをプレゼントするのは相手の趣味もありますから、自由に使えるギフト券やお金の方が喜ばれます。

 

私個人的には、1万円+2~3千円のプレゼントで良いと思います。

 

 

同僚・部下への出産祝いの相場

 

次に、同僚や部下への出産祝いの相場は、いくらぐらいでしょうか。

 

一般的には3000円~5000円が多いようです。

 

ただ、これはあくまでも平均的な金額です。

相手が、同僚やあなたとそんなに変わらない年齢であれば、3000円~5000円程度で大丈夫だと思います。

 

ですが、あなたの立場が役職の付いた上司の場合は、1万円ぐらいは必要かも知れません。

しかし、これも考えようです。

 

特に何人もの部下を抱える方なら、場合によってはかなりの出費になってしまうこともありますからね。

 

ですから、部下の出産祝いは一律5000円と決めておくのも一つの手です。

 

いくらにする場合も、自分が目をかけている部下でも、そうでない部下でも、相手によって差をつけてはいけません。

 

お祝い金はあくまでも統一しておくのがベストです。

 

その上で、可愛がっている部下には別で食事などのお祝いをしてあげると良いかもしれませんね。

 

お祝いなのに人間関係がおかしくなっては、元も子もありませんから。